パニック障害と睡眠の質は大きく影響していると思う、スマートウォッチで計測することにしました!

Xiaomi Mi バンド

数年パニック障害と闘っていますが、睡眠の質は大きく影響していると思っています。

けど、睡眠の質ってどうやって計測しよう。。。

そんな時、安くて結構正確に睡眠の質が計測できるアイテムを見つけたので使ってみることにしました!

歩数と睡眠の質が計測できるスマートウォッチ

Xiaomi Mi バンド

私が購入したのはXiaomi Mi Band 、5,000円以下の価格なのに、歩数、ストレス値、心拍数、睡眠データ、LINEのメッセージ確認、音楽の操作などが行える優れものです。

※ 2023/3 今は以下のFitbitのスマートウォッチを使用しています。

Fitbit スマートウォッチ使ってみた

このスマートウォッチで睡眠データを測ってみることにしました。

睡眠データはかなりしっかり測定できる

Xiaomi Mi Band5 睡眠の質

寝入った時間、起きた時間はハッキリ測定できています。

下の画像はスマホで確認した画面ですが、この画面だけでもこれだけのデータがわかります。

項目説明
睡眠スコア580点~100点の間で点数で表示
また、他のウォッチ使用者と比較して
良い睡眠かどうかのお知らせ
就寝時間23:56眠りに入った時間がわかる
深い眠り15分眠りが深かった時がわかる
浅い眠り6時間20分眠りが浅かった時がわかる
覚醒時間1時間50分夜中に起きていた時間がわかる
レム1時間26分レム睡眠の時がわかる
起床時間09:47起きた時間がわかる
Xiaomi Mi Bandでわかる睡眠データ

歩数もかなりしっかり測定できる

Xiaomi Mi Band5 歩数

写真はウォッチに表示された歩数ですが、スマホでもしっかり確認ができます。

OMRONの活動量計と同時に測定しましたが、ほぼ歩数に違いはなかったのでかなりの精度の良さでした。

心拍数の浅い人は起きているのに起きていないことに

睡眠データは心拍数の変化で測定しています。

女性は心拍数の変化が少ないのか、朝、起きているのにスマートウォッチでは起きていないことになっていてずれることがしばしばありました。

私は基本しっかり測定されていますが、心拍数の変化が少ない方はデータが取りにくいかもしれません。

このスマートウォッチでできること

5,000円以下とスマートウォッチにしては安い価格帯ですが、できることは多数あります。

簡単にまとめるとこちら

スマートウォッチでできること
  • 歩数を測定
  • 睡眠の質を測定
  • 心拍数を測定
  • 1時間同じ姿勢だと通知してくれる機能
  • LINE、電話など通知してくれる機能
  • 音楽の操作機能(簡易)
  • 部屋のどこに置いたか忘れたスマホを鳴らす機能
  • 今日の天気の確認

他にもあるかもしれませんが、思いつくものはこのくらいです。

スマートウォッチの価格を考えると、十分すぎる性能です。

不安障害と睡眠は関連している可能性が高い

精神科に通っていると「新しい研究なんですけど参加しませんか?」と先生から話を持ち掛けられたので参加してみたところ、活動量計による睡眠データの測定をする研究に参加しました。

まだ、ハッキリと不安障害と睡眠の質に関してデータがないのかもしれませんが、私がパニック障害になった経緯には間違いなく睡眠の質が関わっていると思います。

Apple Watchのように高いスマートウォッチもありますが、5,000円未満でも、良いスマートウォッチはあるので、是非活用しましょう!

おすすめ記事まとめました!

パニック障害とうつについて

最初はただの、ストレスと過労だったかもしれません。

ふとした拍子に身体を壊してから、うまく回復することができず、そこから悪化を辿る結果となり、パニック障害やうつに苦しみました。

色々調べたこと、良かったこと、体験など色々まとめたので、同じ悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

応援してもらえると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!