バイクのテールランプ(ブレーキランプ)をLED化!フィリップスのランプを使いました!

バイクのテールランプをLEDカスタム!

以前、バイクのヘッドランプ下にあるポジションランプのLED化は行ったものの、テールランプのLED化はまだ行えていなかったので変えてみることにしました。

ポジションランプをLEDライトに取り換えカスタム!

とっても簡単だったので、方法をご紹介します。

フィリップス テールランプ LED S25 ダブル

フィリップスのブレーキLEDランプ

今回は大手メーカーPhilips(フィリップス)のLEDランプにしてみました。

サイズはこちら

バイクのブレーキLEDライト

結構しっかりしています。

LEDテールランプの取り付け方法について

私のバイク、Honda CBF125Tの場合、必要なのは「プラスドライバー」だけでした。

テールランプのカバーを外す

純正ハロゲンランプ

まず、プラスドライバーで2ヵ所止めされているテールランプのカバーを外します。

カバーはひっぱれば簡単に外せます。

純正電球を左に捻りながら引っ張って取り外す

純正ランプとLEDランプの比較

左に捻ってから引っ張ると、電球を抜くことができます。

せっかくなので、純正電球とLED電球を横並びにしてみました。

LED電球を差し込んで右に捻って取り付ける

CBF125TのテールランプLED化

今度は逆手順で、押し込んでから右に捻ることで取り付け完了です。

非常に簡単でした。

カバーを戻して終了

バイクのLEDブレーキランプの光

最後に、カバーを元に戻して完成です!

交換して良かったLEDテールランプ

LEDの常備灯

この写真は、ブレーキの光ではなく常備灯の光です。

LEDに変えることで省電力化+明るい光に変えることができたので大満足です!

一瞬で終わる作業なので、興味のある方はチャレンジしてみてくださいね!

ここにHONDA CBF125Tのカスタム情報をまとめています。

応援してもらえると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!