OSの整合性を保つためにDISM、SFC、debsumsを使いました!

WindowsやLinuxでOSの整合性チェックをする

Windows10, Windows11, Ubuntuで動作がおかしく、Excelが勝手に落ちてしまったり、シャットダウンがうまくいかなかったりするので以下、2つのコマンドを使用し故障している個所の修理を行いました。

個人的なメモなので、少し雑な記載部分があるかもしれません。

Windows

DISMとSFCについて

DISMとSFCについて、NECのサイトより引用させていただきました。

DISM とは

Windowsのシステムイメージのエラーを確認して、修復してくれるコマンドラインツールです。Windows 10 のDISMは「C:\Windows\System32」(デフォルトでは隠しフォルダー)にあり、コマンドプロンプトやWindows PowerShellの管理者権限で実行できます。

引用元:DISMとSFCコマンド | NECフィールディング

SFC とは

SFCは「システムファイルチェッカー」の略で、システムファイルの損傷や整合性をチェックして、問題が見つかったファイルを自動的に置き換えるツールです。

Windows PowerShellかコマンドプロンプトで「sfc /scannow」を実行すると、システムファイルをチェックします。スキャンによりファイルの破損が確認されると、Cドライブにバックアップされたファイルのコピーから復元してくれます。

引用元:DISMとSFCコマンド | NECフィールディング

DISM, SFC 両方実行してみる

今回、試したPCはWindows11を2台、Windows10を2台。

そしてコマンドプロンプトを使用しました。

  1. 「Win+R」で「ファイル名を指定して実行」画面を出す
  2. 「cmd」と入力し、「Ctrl+Shift+Enter」で管理者として実行する
  3. 「DISM」コマンドを実行する
    • 「CheckHealth」オプションをつける(壊れている場合修復可否を教えてくれる)
C:\Windows\System32>DISM.exe /Online /Cleanup-image /CheckHealth

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.22621.2792

イメージのバージョン: 10.0.22631.3155

コンポーネント ストアが壊れていることは検出されませんでした。
操作は正常に完了しました。
  1. 壊れており修復可能な場合、「RestoreHealth」オプションをつける
C:\Windows\System32>DISM.exe /Online /Cleanup-image /RestoreHealth
  1. 「sfc」コマンドを実行する
C:\Windows\System32>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。
オンライン修復の場合、詳細は次の場所にある CBS ログ ファイルに含まれています
windir\ Logs\CBS\CBS.log (たとえば C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)。オフライン修復の場合、
詳細は /OFFLOGFILE フラグによって指定したログ ファイルに含まれています。

数台修復をしたところ、DISMもSFCも故障個所あり

検査してみたところ、数台DISMもSFCもどちらかが異常個所があり、修復する必要がありました。

見た目は察して変化はありませんでしたが、以下の問題は無くなりました!

  • シャットダウンする際にうまくシャットダウンされず「exeが実行してるから強制終了してください」と出ていた

今後も定期的にチェックを走らせようと思います!

Ubuntu(Linux Debian系)

Ubuntuの起動がおかしくなり、WindowsのDISMやsfcのような整合性のチェックが行ってみたくなったので調べてみると、Ubuntuの場合、debsumsを使用するようでした。

debsums とは

debsums を使うと、MD5 チェックサムとの比較によりインストール済みのパッケー ジの整合性を確認することができます。
MD5 ファイルは、パッケージからインス トールされたもののほかに、.deb アーカイブから生成したものも使用できます。

引用元:Debian — sid の debsums パッケージに関する詳細

debsums 実行してみる

ただ、デフォルトではコマンドが用意されておらずapt-getでインストールする必要があります。

$ sudo apt-get update -y
$ sudo apt-get install -y debsums

debsumsを行った結果、「snapd」パッケージが欠落していました。

$ sudo debsums -s
debsums: missing file /usr/share/dbus-1/services/io.snapcraft.Prompt.service (from snapd package)

再インストールしました。

$ sudo apt reinstall snapd

1台チェックしたところ、1パッケージ欠損あり

Ubuntuもしっかりチェックしておいてよかったです。

1パッケージ欠損があり、全くわかっていませんでした。

今後も定期的にチェックは行っていこうと思います。

以上、OS(Windows, Linux)の整合性チェックと修復についてでした。

応援してもらえると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!