メーターバイザーをショート加工!カフェレーサー風でオシャレになりました!

CBF125Tメーターバイザーのショート化

もともと短くカットする予定で、格安の汎用のメーターバイザーを購入していました。

↓ 加工前のメーターバイザー(ビフォー)

メーターバイザーの取り付け(斜め角度)
汎用メーターバイザーの取り付け

長く、不格好だったので、ショート化してみました!

メーターバイザーのショート化に使用したもの

金切鋸

今回のカスタマイズは、まさかの金切鋸でギッコギッコしてやるだけでした!笑

耐水サンドペーパー

バリを落としたり、形を調整するために使用しました。

その他

  • 100均のマスキングテープ
  • メジャー

メーターバイザーのショート加工

マスキングテープでカットする場所を決める

メーターバイザーにマスキングテープをセット

カットするおおよそのポイントにマスキングテープを取り付けます。

メジャー等で均等になるようにしましょう。

金切り鋸でカットする

カットしたメーターバイザー

非常に硬いプラスチックのような材質ですが、摩擦熱には弱いのか、結構簡単にカットができます。

5分程度でカットできました。

水やすりで微調整&バリ落としを行う

最後に、水やすりでバリを落としたり、形を整えたりしていきます。

粗400→1000→2000の順に使用し、綺麗に仕上げました!

短く仕上げてカフェ風に!

CBF125Tに汎用メーターバイザーのショート版取り付け
メーターバイザーを横から見てみる

もう少し、長くても良かったかな?

完全に見た目重視のメーターバイザーになってしまいましたが、当初の予定の「メーターを隠す」というポイントにおいては大成功だったと思います!

タンクに貼り付けた、デカール、メーターにも貼ろうかなぁ。

以上、メーターバイザーのショート化カスタマイズでした!

Honda CBF125T情報まとめはこちら

ここにHONDA CBF125Tのカスタム情報をまとめています。

応援してもらえると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!