7D2D(7 Days to Die) セーブデータバックアップアプリと使い方について

7D2Dバックアップアプリ

Steam(PC版)7D2D(7 Days to Die)のセーブデータを簡単に取得したくて、セーブデータバックアップアプリを作成しました。

使ってみたい方は以下、ダウンロード先と使用方法をご紹介いたします。

7D2D(7 Days to Die) セーブデータバックアップアプリ

  • 本アプリはSteam版7D2D(7 Days to Die)のセーブデータバックアップアプリです。
  • 使用は自己責任でお願いします。
  • 単純なプログラムなので不具合はないとは思いますが、初めてご使用の方は念のためセーブデータは手動で取得しておいてください。
  • 下記別記事「7D2D(7 Days to Die) セーブデータの保存場所(デフォルト)」の方のみ、使用できるプログラムです。
  • ゲーム途中で押すのは怖いので行ってません。ゲームは切った状態で行ってください。
  • Windows版です。
  • 動作確認はWindows11で行いました。

v1.0.0

  • Release date: 2023/12/30
  • MD5: fbc8e847e5ef73fce4494cb0014f3c66

7D2D BSの使い方

「7D2D BS.zip」を展開し、好きな場所に配置する

「7D2D BS.zip」を展開してください。(展開方法は割愛させていただきます)

中に「7D2D BS.exe」が入っているので、好きな場所に配置してください。

「7D2D BS.exe」を起動する

「7D2D BS.exe」を起動すると上記画像のような起動画面が表示されます。

とてもシンプルにボタン2つだけの配置です。

それぞれのボタンの説明はこちら

  • セーブデータフォルダを開く
    • 以下、Steam版7D2Dのセーブデータが保存されているフォルダを開きます
      • C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\7DaysToDie
  • バックアップ
    • 以下、Steam版7D2Dのセーブデータをzip圧縮し保存します
      • C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\7DaysToDie\Saves

「バックアップ」

「バックアップ」ボタンを選択した場合、最終確認画面が表示されます。

問題がない場合、「OK」を選択してください。

セーブデータフォルダ内に「Saved_20220130_200158.zip」のように「Saved_年月日_時分秒.zip」と名前のついた圧縮ファイルが生成されます。

「Saves」フォルダを圧縮したバックアップデータになります。

巻き戻す際はSavesと入れ替えてください。

ぜひ、活用いただけますと幸いです。

応援してもらえると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!